きっとあなたも僕も、誰かに必要とされています。

僕がコンサルタントをしている最大の理由は、
「きっと必要としてくださる人がいる」って感じているからです。

そして、僕はこうも思っています。
「あなたを必要としている人もきっといる」って。

 

僕はコンサルタントなので、
マーケティングテクニックを利用して、
あなたが僕のコンサルタントを受けないと損をするように
感じてもらう事はおそらくできます。

 

でも、、
それはただのコントロールなので意味がありません。

言葉で人を誘導することには
悲しみしかたどり着かないからです。

 

僕は「想い」であなたに届けたいです。

「僕はひょっとしたら、あなたがビジネスで成功するために役にたてるかも知れない」ってことを。

 

だから、
僕はこっそりとですが、
こうやってメッセージを送っています。

 

ひとりで頑張って徹夜したことなんて
数え切れないほどあります。

これが最後の食事かと腹をくくって食べたことも
何度でもあります。

でも、、そのおかげで、、

人に想いが届いた喜びも
ありえないくらいに感じれる人生を過ごせています。

 

僕も起業した当初は
とっても苦しかったです。

怖くて、辛くて、
なんども辞めようと思ったことがあります。

でも、、
そんな僕を思いとどめてくれたのが
「解る」っていう喜びだったんです。

 

そうか、、こうすればいいのか、、って
だから駄目だったのか、、って。

そういう事を発見するたびに、
もうちょっとだけ頑張ってみようって思えました。

気がつけば今年で22年もビジネスを続けてこれました。
ありがたいことです。。

 

僕のコンサルタントって
実はかなり変わっています。

 

通常はコンサルタントが居ないと駄目な状況にもっていくのですが、
そのほうがコンサルタントとしての経営が安定するからです。

僕はそんな事はしたくありません。

僕のコンサルタントは
『コンサルタントが必要なくなるコンサルタント』です。

 

一緒に、一生懸命に、
発見と成長を重ねていきましょう。

あなたが本気であれば
僕はきっとあなたと向き合います。

 

コンサルタントをしているのは、
まだ出会っていない「僕を必要としてくれる人と出会い別れるため」です。

あなたと最高の出会いをして、
胸をはって別れましょう。

それが僕がコンサルタントとしての生き方です。

 

追伸
トップの写真の、
左下が幼いころの僕です。