個人事業主が売上を生み出すためのステップ

僕の周りには多くの個人事業主がおられます。

半分くらいの人はすでに売上を上げて安定している皆さんで、
もう半分はこれから売上を生み出す人たちです。

 

今日はこれから売上を生み出していく人たちが辿るであろうステップについて書き記したいと思います。

 

お金を生むまでの段階は大きく別けると3つになります。

・アイデア段階

・作成段階

・リリース後

と時間軸で別けられます。

 

それぞれに応じて経営者としての在り方が変わってきます。

例えばアイデア段階であれば、どのような知恵や情熱を基に多くの人が笑顔になることを思いつけるのか?という「アイデアマン」のような立ち位置である必要があります。

次の段階では、クリエイターとしての在り方が必要になってきます。
文章を考えたり、メニューを考えたり、ロゴを考えたり、サイトを考えたりです。

最後に、リリース(公開すること)する段階になるのですが、
その時にはプロデューサーとしての役目が必要になります。
多くの人に知ってもらうためには? より良いイメージで情報を受け取ってもらうには?
などなど。。

 

例えばあなたが整体師だったとします。

あなたは整体でどうやってお客様にご満足いただくのか?を必死に考えるかも知れませんが、
それは『お客様に選ばれたあとの話』なんです。

 

起業家として本当に大切なスキルは、
選ばれることができるかどうかだと僕は思います。

 

選ばれるためには、
何をすれば良いのか?
どういう在り方であるべきなのか?
などを把握できていることが大切です。

 

でも、整体の学校では技術しか教えてくれなかったですよね?

そうなんです。。
技術は習えても、ビジネスは教えて貰えないことが殆どなのです。

だからこそ、僕のようなコンサルタントにお声がけがあるのですが、
コンサルタントを利用するという概念が無い場合は途方にくれてしまうと思います。

 

途方にくれてしまう理由は、
何が必要な解らないからです。

もっと言えば、
解らないが解らないから。

 

起業という視野から考えると、
整体の技術というのはサービスの1個にすぎません。

提供したいサービスを持っているということ=ビジネスという訳ではないのです。

 

選ばれるために、
3つの在り方を意識してみてください。
本当に現実がガラッと変わってきますよー^^

 

・アイデアマン
・クリエイター
・プロデューサー

 

それぞれの段階でそれぞれの在り方に徹する。
または、それぞれのプロに依頼する。

 

選ばれるために必要な努力は
きっと想像よりも大きく困難だと思います。

 

頑張って一歩一歩を歩み抜いてみてください。

同じことを繰り返しても結果はでませんが、
挑戦を積み重ねていければ現実は必ず変わります。

 

まだ売上を生み出せていない段階の起業家は、
サービス提供者としての自分だけでは駄目なんだということに
いち早く気がついて、今までの選択を変えてみましょう。

 

もう一度言いますね。

・アイデアマン
→ 喜んでもらえる商品にたどり着く

・クリエイター
→解りやすく形にする

・プロデューサー
→必要な人に知ってもらう

 

この3つが出来て初めて
あなたはお客様にたいして
「いらっしゃいませ」と言えるのです^^

 

喜んでもらうだけを考えるのではなく、
その前にある乗り越えるべき3つの役目を楽しんでみてください。

 

現実を変えてこそ、
未来に繋がります。

いまを豊かさに繋げましょう。