日常

沖縄から大阪へ 母のお墓参りを終えて

お墓参りを終えて感じること

お墓参りを終えて感じること

 

沖縄に移住してから初めてのお墓参りへ

僕はいま43歳。
母が亡くなったのは41歳。
平成元年で、僕はまだ14歳の中学生でした。

もう、、あれから
30年も経ちました。

母の葬式で誓った思いは、
「強くなる」だったなー。

2人の姉を守れるように、
社会に負けないように、
この貧しさから抜け出せるように、、と。

(僕は自分でバイトできる年までとんでもなく貧しい日々だったんです)

 

この数ヶ月は大きな変化が幾つもあったので、
自分を整えるためにも墓参りのため大阪に行ってまいりました。

 

うん、、、
やっぱり僕には、、
大阪は「早すぎて」ついていけない(笑)

僕は大阪生まれなのですが、
大阪特有の早さと乗りについていけない関西人です(笑)

そんな僕にとって、
沖縄のゆったりとした人の心が
どれほど心地よいことか、、、^^。

 


 

ゆっくりと亡き母と語ることで

お墓参りをして、
母にこの6年間のことを報告してきました。

沖縄で出会えた人々のこと、
沖縄で挑んできた日々のこと、
嬉しかったこと、残念だったこと。。

僕は母の声を覚えていなかったのですが、
普通に会話しているような不思議な感覚でした。

母は僕に「見守っているからね」って
言ってくれたように感じます^^

 


 

父と僕

メメント・モリを意識して行きていこう

今回のお墓参りでとっても感じたことの
ひとつは「人の命は循環していく」ってことでした。

母が亡くなったこと、
父が昔のような存在ではなく少し背中が小さくなっていること、
僕が老けていること、、。

姉の子供が逞しく育っていること、
お墓からの風景が変わっていること。。

 

人は生まれてから、
死へ向かっています。

あなたも僕も、
全員が「いつか動けなくなる日」を迎えます。

いままではこの事実を
受け入れれない自分がいましたが、
やっと心の底から「そういうものだから尊い」のだと
ストンと腑に落ちました。

あなたも僕も、
いつか動けなくなる日が来るから
次の世代に対して、
自分以外の誰かに対して、
役目を果たしたいって願うのだと思います。

家族や友人や、社会に対して、
自分が出来ることで貢献しようとしている。

それは、、
いつか自分は居なくなるけど、
世の中は続き、
自分が愛する人々が生きていく時代が
少しでも良くなることを願うからだと。。

死に向かっている事を意識して生きることを
「メメント・モリ」って言います。

今回のお墓参りで
メメント・モリを感じながら、
今日であったり、
この投稿に使っている時間であったり、
大切な人たちを思い浮かべながら
今をより大切に生きていける自分へと成長できました^^

 


 

伝えたくて、受け取って欲しい。

僕は自分が、
いつか居なくなってしまう日が
必ず来ることを受け止めることができました。

僕はその日に向かって、
今日も一歩近づいています。

だから感じることができる想いは、
「ひとりでも多くのかたにウェブを活用する」という事を
深いレベルで身につけていただき、
豊さと、時間のゆとりを、手に入れてほしいという事です。

 

僕は伝えたい、
そして受け取ってほしい。

 

あなたがウェブを活用することや
ビジネスを立ち上げお金を創るということを身につけることで、
ご家族の未来も、
周りの人達も、
これから出会う人々や、
社会に対しても貢献できる日々へと繋がります。

 

だから僕は
あなたに伝えたいし
受け取って欲しい。

 

いつか、、
居なくなってしまっても
このホームページは残り続けているだろうから、
僕はメッセージを伝え続けます^^

 

 

一歩前に、
受け継いできた命を
次の世代のお役立てるように。

 

今日は大阪にお墓参りに行ってきた
プライベートなお話でした^^

ホームページを創るとか、
ウェブを活用するということも、
深いレベルで発信してまいりますので
ブックマークやお気に入りに登録していただいて、
また読みにきてくださいね^^

 

それでは、、
素敵な1日を。

 

 

Published by 坂本 泰期

坂本 泰期
沖縄在住のコンサルタント。 ウェブを活用して売上を創る方法をコンサルティングいたします。 自身のビジネスで累計売上20億円を生みだした実績から、ホームページ・SNS・ブログを活用することで、いままで無かった売上を生みだすコンサルティングをご提案いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です