LINE公式アカウント(旧LINE@)のリッチメニューの作成方法

リッチメニューが無料で使えるようになって個人事業主に大きなチャンスです! 

LINE@がLINE公式アカウントに統合されることになり、
無料プランでもリッチメニューが使えるようになりました。

Left Caption

Left Caption

LINE公式アカウントってなににゃ?
Right Caption

Right Caption

いままではLINE@と呼ばれていたサービスで、それがパワーアップして色々な機能が使えるようになったにゃ。
Left Caption

Left Caption

どんにゃ機能?
Right Caption

Right Caption

ひとことで言えば、、、『リッチな感じ』に生まれ変わったにゃ。
いままでのLINE@では有料プランでなければ使えなかった機能が色々と使えるようになり、
コンサルタントとしては楽しくてしかたがないっていう出来事です。
 
 

きっと1番売上に貢献してくれる『リッチメニュー』を使いこなそう

まずはリッチメニューって何か?ですが、
それは下記の参考サイトをご覧いただくのが1番早いと思います。
 
 
クロネコヤマトとか、大黒屋とか、NTTとか、
企業のLINE@をフォローしたときによく表示されるアレです。 
LINE@のリッチメニューが超便利!!
視認性が良くて、次にどこをクリックすっれば良いのか迷わないので、
お客様からのお問い合わせが増えやすいというメリットがあります。
色々な情報をまとめてお届けすることが出来るようになります。
 
さらに言えば、
『なんかしっかりしてそう!!』ってお客様に感じていただけますのでブランディングにも役にたちます!
 
 

リッチメニューには色々なバリエーションがあります。

 
リッチメニューの配置も色々とあり便利
 
このような感じて1個〜6個のメニューボタンを設定することができます。
 
例えば、、
飲食店であれば、、
 
3つに別れているリッチメニューを選んで、
『メニュー』『アクセス』『ご予約』をそれぞれに設定すると便利だと思います。
 
業種に合わせてどのような使い方をするべきなのかは、
お客様が誰なのか?によって変わってきますが、
お客様にとって便利であるという事は変わりありませんので、
めんどくさいな〜って避けずに頑張って設定をやり遂げてみましょう^^
 
 

サカツー7のLINE@にリッチメニューを追加してみました。

 
1、まずはテンプレートをダウンロードする。
 
 
2、どのデザインにするのかを選びましょう
 
私はミディアムの3分割を選んでみました。
 
リッチメニューのテンプレート
 
3、指定されたサイズで画像を入れていきましょう。
 
・私の場合はコンサルタントとしてのプロフィール
・個人事業主専門のコンサルタントとは?
・コンサルタント体験へのお申込み
の3つをチョイスいたしました。
 
坂本通信のリッチメニュー
このようなバナーを作ってみました^^
 
 
4、各ボタンをクリックしたときのアクションを設定する。
 
私の場合は各ボタンをクリックしたときには、
ホームページのそれぞれのページへと飛ばしたいので、
タイプは「リンク」を選び、URLを記入しています。
 
5、保存をしてプレビューを確認して完了です
 
このような感じのリッチメニューを設定できました。
 
私の場合はLINE@を登録してくださったかたには上記のような画像が表示されます。
 
 

リッチメニューのまとめ

 

いままで有料プランしか使えなかった便利な機能が無料で使えるようになりました。

それぞれのアイデアを活かして、
お客様にとって使いやすいLINE公式アカウント(LINE@)を目指してくださいね^^

 

お読みくださりありがとうございます。

 

Left Caption

しろちゃん

坂本さんのLINE@はどこから登録できますかにゃ?
Right Caption

クロくん

こちらからご登録いただけます^^

坂本通信  サカツー7
https://sakamoto.okinawa/line/

 

補足事項:LINE公式アカウントに移行すると新しいアプリが必要になります

 
【 LINE公式アカウントアプリ 】

 
LINE公式アカウントへ移行をすると
LINE@アプリは使えなくなりますがLINE公式アカウントアプリへと引き継がれます。
 
スマホには新しいアプリをインストールする必要がありますのでご注意ください。

 
App名: LINE公式アカウント デベロッパ: LINE Corporation
 
 

Posted by 坂本 泰期