SEO

Googleが考える良質なサイトとは?を考えてみました

Googleを案内していただけたお話

Googleにとっての良質なサイトとは?

Googleを案内していただけたお話 
下記は2012年にGoogleが公開した記事の抜粋なのですが、
とっても大切なことが記されているのでシェアさせていただきますm(_ _)m
 
よく「良質なサイトと低品質なサイト」という表現をするのですが、
Googleがどのように見分けているのかを感じることができます。
僕はGoogleの中の人ともお会いした事はもちろんですが、
Google社内を案内していただいた事まであります。
Google社内で働かれているみなさんが、
とても目的意識をもって成し遂げるためにこの会社にいるのだなって
誇らしさを力強さを感じました。
そしてGoogleは、正解中の天才が集まって
本当に心の底から検索ユーザーにどのような存在であるべきなのか?を
考え続けているというも伝わってきました。
Googleは検索ユーザーの事を考えています。
そして僕たちにとって考えるべきは検索行動をされているユーザーの
感情・状況・背景に思いやりをもって寄り添い、
おもなしの心でサイトコンテンツをご用意することだと思います。
本当にGoogleの志を感じることができるので
ぜひ読んでみてくださいね。
坂本
 
=======

良質なサイトを作るためのアドバイスから抜粋

 
 
あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
 
この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
 
サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
 
あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
 
この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
 
このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
 
この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
 
同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
 
コンテンツはきちんと品質管理されているか?
 
この記事は物事の両面をとらえているか?
 
このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
 
次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
 
コンテンツが外注などにより量産されている
 
多くのサイトにコンテンツが分散されている
 
記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
 
健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
 
サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
 
記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
 
記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
 
ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
 
記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
 
記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
 
記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
 
ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
 
このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
=======

Published by 坂本 泰期

坂本 泰期
沖縄在住のコンサルタント。 ウェブを活用して売上を創る方法をコンサルティングいたします。 自身のビジネスで累計売上20億円を生みだした実績から、ホームページ・SNS・ブログを活用することで、いままで無かった売上を生みだすコンサルティングをご提案いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です