Day8 | 自分の在り方を決める

起業をしてどのようなビジネスを創りたいのか?

そしてその為には、
どのようなビジネスの仕組みが必要なのか?

儲かるためには、
お客様にどのような行動を起こしてもらうべきなのか?

までを、
いままで考えていただきました。

今日は、自分の在り方を決めるです。

1000円で仕入れて、5000円で売れば儲かる!など
数字的なことよりも、
あなたがどのような在り方をするのか?という事のほうが
私はとても大切だと思います。

その理由は、
あなたの在り方が、ビジネスの在り方になり、
そしてお客様との関係性になるからです。


自分の在り方とは?

起業をするときには、
素のままの自分で突き進むよりも、
使命やビジョンを持った自分で
ビジネスに挑むほうが格段に成功率が上がります。

成功率が上がる理由は、
マーケットのなかで認識されるからです。
(知っていただく事ができる)


もし、、
あなたが演劇に挑戦することになり、
泥棒の役を担うとします。

監督から、
「服装は自由に決めてもらってOK」と言われたら、
あなたならどのような服装を選ぶでしょうか?

ほっかむりをするでしょうか?
口の周りにひげを話すでしょうか?
女性であればキャッツアイのような動きやすい格好をするでしょうか?

この質問をいままで100名以上にしてきたのですが、
答えはほとんど同じでした。

全員が泥棒らしい格好をするを選びました。


泥棒だからといって、
泥棒らしいかっこうをする必要はありませんが、
どうして全員がそのような格好を選んだのでしょうか?

それは、
演劇という舞台の上で、
泥棒に見える必要性があったからです。

ここが重要です。

○○○のように見えるために、
自分を○○○のように見せたのです。

これが、
自分の在り方を決める。
です。


あなたは起業をして、
お客様からどのような「ありがとう」をいただくのかを決めました。

そして、そのためにお客様にどのような行動をしていただきたいのかも決めました。(暫定的ですが)

その行動を起こしていただくためには、
あなたはどのように見えるべきでしょうか?

権威のある人でしょうか?
気さくな人でしょうか?
いつも楽しそうな人でしょうか?
お金が有り余っている人でしょうか?
時間が自由な人でしょうか?

自分がどう見せたいのか?ではなくて、
「ありがとう」を少しでも多くいただくために、
ビジネスをしている自分はどのように在るべきなのか?

を今日は深く深く考えてみてください。


あなたがサンタクロース屋さんをしよう!って選んだとしたら、
やはり赤い服に白いヒゲで、相棒はトナカイを選ぶでしょう。

これはあなたがそうしたいではなくて、
サンタクロースに見てもらうためには(解ってもらう為には)
サンタクロースみ見える在り方を選ぶことでしょう。

あなたの在り方によっては、
売上を大きく左右することになります。

バッチリな在り方であれば
売上は伸びるでしょう。

逆の場合もあるので注意が必要です。


ビジネスという舞台のうえで、
あなたはどのような役を選びますか?

そしてその役を最大限に引き出すためには、
どのような見えかたを選びますか?

 

世界でもっとも成功しているプロレス
WWE総帥ビンス・マクマホン氏はこのような言葉を残しています。

「プロレスとはキャラクター産業である」

まさに、これが在り方です。


勘違いされる方が多いので、、
念の為、補足をしておきます。

自分の在り方を決めるというのは、
自分を偽る訳ではありません。

サンタの格好をしようが、
泥棒の格好をしようが、
あなたはあなたのままです。

何よりも大切なことは、
周りにどう見せるべきで、
周りからどう見えているのか?という事です。


あなたは起業家です。

あなたは何でも決める権利があります。

あなたはどのようにでも自分を見せれますし、
誰をお客様にして、どのようなありがとうをいただくのかも
自由に決めれて、いつでも変更ができて、増やしたり減らしたりも自由自在です。

あなたが選んだ、
あなたのビジネスにおいて、
あなたはどのような起業家で在りたいのか?

今回も漠然とで良いので、
時間をとってゆっくりと考えてみてください。

在り方で
ビジネスの未来も、自分の未来も変わるんだな、、、っという事に気がついていただければバッチリです。