スクール

1、商品やサービスを言語化できるようにする

 

言葉で人に説明できるくらい、自分の商品やサービスを把握するようにしましょう。

言語化できているかのポイントは下記の3つの質問を自分自身に投げかけてみてくだ ...